ビジネスマナー研修で一流のおもてなし力を身につけよう!

見えなかったものが見える

会社

簡単なものから開始

組織が目標達成を順調に続けており、利益が確保できている時期というものは、それほど長く続くものではありません。しかし、状況がよくない時でも乗り切り、再び状況がよくなる時に備えて、問題点を取り除いておくことが大切です。特に、仕事に余裕ができてくると、これまで見えてこなかった不満が出てくる場合もあり、早めに芽を摘んでおくことが必要になります。社内の会議で出てくるような問題点であれば、その場で話し合いで解決ができるものの、会議にも出せないような内容については、別の方法で抽出していく必要があります。その手法の一つとして、組織サーベイをいうものを利用する方法があり、外部の第三者の視点で、組織を外側から見てもらうことができます。組織サーベイを利用することで、従業員の満足度を量ることができ、日ごろ、なんとなく感じているもやもやした感情を捉えることができるのです。多くの従業員を対象に組織サーベイを行うことで、従業員の総意をつかむことができ、部署ごとに行うことで、その部署の思いを推し量ることができるのです。今までに組織サーベイを利用したことがない場合、まずは問題のある部署限定で様子を見てみることができます。特に、最近ではどの企業でも人手不足が叫ばれており、問題点を的確に見つけることで、従業員の退職を未然に防止することにもつながるなど、組織の財産である従業員を確保することに大きな力を発揮することになります。

Copyright© 2017 ビジネスマナー研修で一流のおもてなし力を身につけよう! All Rights Reserved.