身長伸ばすコツ【健康食品でカンタン成長術】

睡眠の役割と栄養素

薬剤

身長伸ばす上で考えるべきことは睡眠時間と食事の2点です。睡眠時間については意外に思われるかもしれませんが、成功ホルモンは身長伸ばすもっとも大きな要因になります。そのため、成長ホルモンの分泌が少ないと身長はあまり伸びません。それとは反対に、成長ホルモンが多く分泌されると、身長伸ばすことにつながります。この成長ホルモンの分泌を促すものは睡眠時間です。夜の10時から午前の2時にもっとも成長ホルモンが分泌されるので、この時間帯にしっかりと寝ることが大切です。また、ストレスを蓄積させると、身体の成長に悪影響を与えることがあります。こうしたストレス解消に効果があるのも睡眠なのです。このように、睡眠には身長伸ばす上で非常に重要な役割を持っているわけです。

身長伸ばすのに役立つ栄養素はカルシウムです。牛乳、チーズなどの乳製品はもちろんですが、うなぎやわかめなどの海産物にも多くカルシウムは含まれています。また、亜鉛を摂取することも非常に大切なことです。亜鉛は成長ホルモンを作る源ですし、骨を成長させる働きもあります。牡蠣やホタテに亜鉛は多く含まれています。このように重要な栄養素を摂取して、それから適度な運動をすると非常に効果的です。運動は骨や筋肉に刺激を与えるので、身長を伸ばしたい人には有効的です。他にも水分補給をすることも重要です。朝食のときに500ml程度の水を飲むような習慣をつくると、血液をサラサラにしてくれて、体内洗浄になります。ソフトドリンクよりもカロリーのない水がおすすめです。